津島高校 関東地区 同窓会

平成22年5月26日(水)  東京 日比谷 松本楼 に於いて
創立110周年を機会に関東地区の同窓会開催の要望が出され、関東地区在住の同窓生約1,400名に招待状を 出したところ42名出席がありました。
はじめに千賀同窓会長から、本会開催の経緯と110周年記念事業へ皆様方にご協力 をお願いしたいとの挨拶の後、津島高校の田中基夫校長からも、津島高校の近況等をお話しいただきました。
その後中学42回生から高校61回生までの同窓生が全員自己紹介の後それぞれ高校時代の話をしたりして、大いに盛り上がりました。 今後も関東地区同窓会が開かれることを期待し散会となりました。

@

同窓会長より関東地区での同窓会を開くに至った経緯を説明されると同時に津島高校の芳しくない現状と今後津島高校はどうあるべきかを熱く語られて卒業生の皆さんにも協力をお願いされた。
また夕方から大荒れの天気予報にも係わらず大勢の皆さんが参加されたことに感謝の言葉を述べられました。



A

津島高校の少し南東の旧地名「海部郡佐屋町内佐屋」出身で川端康成文学賞を始め数々の賞を受賞されている20回生の稲葉 真弓さん(東京都在住)からの挨拶も有りました。


稲葉真弓さんは21年度から三稜会の常任理事の役員をなされています。

B

参加者42名の中で一番大勢(7名)参加され、また一番元気な4回生の諸先輩方。
戦時中グランドに訓練中のグライダーが不時着した話や昭和22年4月全国選抜中等学校野球大会に始めて甲子園へ出場した話など沢山聞かせて頂きました。
次回また先輩方とお会いできるのを楽しみにしております。



C

皆さんの懐かしく、楽しかった学生時代の話に聞き入っておられます。


D

17回生の皆さんも 楽しかった学生時代の話や近況報告をされました。


E

現役の大学生も二人が参加して、先輩の昔話を不思議そうに聞き入っておりました。


F

同窓生の中では今一番旬な「稲葉 真弓さん」を囲んで話が弾んでいます。


G

ここのグループでも「稲葉 真弓さん」を囲んで話が弾んでいました。


H

稲葉真弓さんを囲んで記念写真を撮られた方々もみえました。

稲葉さんの右隣は現在の
津島高校 校長 田中基夫
先生 です。








写真右端 HP制作者:14回生 並 木


I   全員が揃って記念写真

上記写真をハッキリ見るのには、画面上部のメニュー「表示(V)」→「拡大(Z)」→「150%(1)」をクリックして150%
拡大するか、又は画面右下の「100%」の部分を2回クリックすると写真が150%に拡大します。                    
後は右側と下部のスクロールバーで写真を見やすい位置に移動して下さい。  (尚3回クリックすると100%に戻る)




 写真集へ戻る                                            この画面の先頭へ

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
     三稜会校内事務局 
         〒496-0853  愛知県津島市宮川町3−80 ( 津島高等学校内 )
            電話 0567−28−4158   FAX 0567−28−7196

     ご意見などが有りましたらメールを下さい。   ≪ メールはここをクリック ≫